福祉サービス第三者評価制度  評価履歴 

「自分の利用したい事業所の特徴はどのようなことか」、「サービスの質はどのような状態にあるのか」など、利用者の皆さんがサービスを選択する際の目安となったり、都民の皆さんが事業所の内容を把握することが可能となるように、東京都福祉サービス評価推進機構が各事業所の評価結果を公表しているものです。

平成27年度利用者調査結果について

「気持ちを尊重されている」
と100%の方より回答をいただきました

施設長コメント

 「回答者数は定員60人のうちの約半数(30人)でした。
問2 『日常生活で必要な介助を受けているか?』
問9 『利用者の気持ちを尊重した対応がされているか?』
に回答した30人全員100%の方に「はい」と回答されました。

 私たちは、ここが一番良かったと思っています。
長い病気療養、入院を経て、住み慣れた家や家族から離れ、他人の介助を受けて生活をしていても、自分の気持ちが尊重されていると感じてもらっていることです。

 職員ひとりひとりの日々の努力と思います。
特に疾病の状態を看ている看護職が、利用者の気持ちを尊重しながら健康管理業務にあたっていることは、とても努力、説明、忍耐が求められると思います。

 「安立園7つの基準」の「根拠と同意」「自由と自己選択」のキーワードが少しずつ実現してきているのではないかと思います。